おじさんのきんのたま

ポケットモンスターオメガルビー・アルファサファイアの育成論と考察。 オリジナル育成論には「オリジナル」タグを付けます。

  • Twitter
  • RSS

    こんにちは!前回、バンギドリュウズについて書きましたが、色々と書き直したくなったので前回の記事は削除した上で新しい記事として投稿します。
    また、前回の記事で、バンギドリュウズ軸に加えるポケモンについては後で触れると宣言したので今回はそれらも書きたいと思います。

    さて、永続天候を奪われたバンギドリュウズですが、ORASリーグでもその刺さり具合は悪くはないと思います。
    エースであるドリュウズがつるぎのまいをした後の突破力はやはり凄まじいです。
    ドリュウズのイイトコロ♡
    1.ファイアローのブレイブバード半減
    HB無振りドリュウズに対して、 意地っ張りA252振り鉢巻ファイアロー(A219相当)のブレイブバード(威力120)のダメージが50~59%

    2.でんじは無効の地面タイプ
    素早さ補正なしS252振りドリュウズの素早さは140で、砂下だと実数値280となります。バンギラス+ドリュウズの並びもあり、いたずらごころのでんじは持ちの選出を抑制しますね。

    3.メイン+サブ技が非接触技
    火力の高い物理アタッカーが多いORASリーグではゴツゴツメット持ちが必須レベルです。それらのポケモンは物理受けとしての役割を持っていることが多く、呼びやすいのですが、ドリュウズのメイン技じしん、サブ技いわなだれはそれぞれ非接触技のため、ゴツメダメージを受けません。ゴツメや鮫肌、てつのトゲなどで削られないため、物理受けを後出しされても無償突破できる可能性があります。

    4.エース格に強い
    PGLでORASリーグシーズン8のポケモンランキングを見てみると、つるぎのまいを積んだドリュウズは相手のエースを確実に処理できます。TOP12のうち、エース各のポケモンはすべて砂やステロ込で確定です。
    ガブリアス・ガルーラ・バシャーモ・ギルガルド・リザードン・ボーマンダなど。

    ドリュウズのダメなところ
    1.水ロトム、クレセリア、ポリゴン2で止まる
    バンギラスで天候発動後、ドリュウズを投入しても、これらのポケモンを突破することができません。
    水ロトムはタイプと特性で受けられ反撃をくらい、仮に突破しても砂ターンを大きく消費します。
    クレセリアは向こうからの打点はれいとうビームくらいしかありませんが、ゴツゴツメットで削られて砂ターンも消費して終わり。
    ポリゴン2は砂かきをトレースされた上、イカサマでお陀仏に。
    2.サイクルを回されやすい
    ドリュウズは上記の物理受けポケモンに勝てないので、捨てるか交代せざるを得ません。すると、後続にでんじはが飛んできたり、成功しやすい交代読み交代を決められてしまいます。また、砂ターンが永続でないため、こちらもサイクルを回すしかないケースは、砂ターンに気をつけなければいけません。

    バンギラス+ドリュウズと相性の良いポケモン
    それではこれらの弱点も踏まえて、バンギドリュウズ構築と相性のよいポケモンを紹介します。
    基本的にはドリュウズの弱いところを補完できるポケモンを選びました。

    ゲンガー
    特性ふゆうにより、地面タイプの技の一貫性を消せます。また、メガ枠が余っているのでメガ進化して苦手なポケモンをキャッチして、ドリュウズの地震の通りを良くしたり、道連れで強引に1体処理できます。弱点であるエスパー技はバンギラスがタイプ有利なのでサイクルを回しやすくなります。

    ローブシン
    特性こんじょうで鬼火持ちの物理受けとも打ちあえて、ポリゴン2や水ロトムに強い。ドレインパンチで回復できるので、場持ちが良い。バンギラスをとっておけば、2回目の砂発動まで粘れる。弱点のエスパー・飛行がバンギラス+ドリュウズともに半減以下で抑えられる。 フェアリーはドリュウズの起点にできる。

    エルフーン
    バンギドリュウズの弱点である格闘・地面の一貫性を消せる。また弱点の飛行・炎・毒はバンギラス+ドリュウズで受けられる。対ガブリアスでは最強のポケモン。バンギドリュウズの苦手なマリルリを安定して止められる。また、起点作りも得意。あと、かわいい。

    マリルリ
    バンギドリュウズが苦手なメガバシャーモを止められる。水や氷の一貫性を消せる。弱点の電気や毒はドリュウズが無効にできるので、ドリュウズを後出ししやすい。また、自身もはらだいこという強力な積み技+先制技持ちのため、タイマン性能も高め。

    ライコウ
    低下力特殊技しかないポケモンを起点にできる。地震の一貫性をあえて作り、ガブリアスを誘い、ふうせんドリュウズの起点に したり、バンギラスのれいとうビームで処理してライコウを動きやすくするなど、戦術も広がる。

    ファイアロー
    苦手なメガバシャーモや、メガリザードンYを処理できるポケモン。地面・格闘・炎に耐性があり、先制ブレイブバードは卑怯。ステルスロックを撒きに来るポケモンはバンギラスのれいとうビームが刺さる。

    フシギバナ
    格闘・水・草タイプに超強い。バンギラスとの相性が最高。ハッサムやナットレイを呼びやすいのでめざ炎は必須になると思います。 地震もあればメガゲンガーやヒードラン、ドククラゲなどにも打点を持てます。

    ウルガモス
    ポリゴン2やクレセリアを起点にできるポケモン。バンギドリュウズと合わせるとマリルリがヤバイ。

    メガヘラクロス
    スイクンやカバルドンなど高耐久でゴツゴツメットを持つポケモンに強いですね。クレセリアやポリゴン2に対してもタイプ一致で有効打があるので、ドリュウズが止まっても裏のエースとして相性はいいと思います。

    わたしはこれらのポケモンを入れ替えつつ、レートに潜っています。
    シーズン8は砂パで戦うので、シーズン終了後の戦績が良ければ構築も紹介したいと思います。

    ほかにオススメなポケモンがいたらぜひ!教えてください! 

    シーズン8 環境トップ10のポケモン
    ガブリアス
    ゲンガー
    ファイアロー
    ガルーラ
    ウォッシュロトム
    リザードン
    ポリゴン2
    ギルガルド
    クレセリア
    バシャーモ
    クチート

    また、環境トップのポケモンを軸にした構築に含まれているポケモン
    マリルリ
    ランドロス
    キノガッサ
    スイクン
    ナットレイ
    ボーマンダ
    カイリュー
    ラティアス
    ボルトロス
    ヒードラン
    ヘラクロス

    この内、エルフーンで受けられるポケモン
    ガブリアス
    ガルーラ
    クチート
    マリルリ
    キノガッサ
    カイリュー
    ヘラクロス
    ランドロス
    他にもメガバンギラスやメガギャラドスも止められるでしょう

    突破力のあるこいつらに対して後出しから処理、もしくは流すことが可能です(机上…)
    ただし、相手の技構成と配分によっては後出しが安定しない場合もありますので、ご注意ください

    今回のエルフーンは以下の2体を意識して育成したものです
    1.はらだいこマリルリ
    2.龍の舞珠カイリュー

    性格は図太いで物理に厚く振ります
    持ち物はゴツゴツメットで確定
    物理技を受けつつ、処理するためにはゴツゴツメットが最適と判断しました
    技構成はコットンガードが確定
    これが無いと役割を遂行できません
    モンメンLv.37で覚えます
    エルフーンでは覚えないので注意!
    また、定数ダメージかつ回復ソースかつ交代先への負担になるやどりぎのタネも確定
    流し性能を高めたり、自分が有利になる技を受けたいためアンコールも確定
    ガブリアス、カイリュー、格闘に役割を持ち、交代先へのCダウン30%も期待できるためにムーンフォースも確定

    まとめると
    性格 ずぶとい
    配分 H236B252C4あまり16
    実数値H165-B150-C98
    わざ コットンガード アンコール やどりぎのタネ ムーンフォース
    持ち物 ゴツゴツメット

    やどみがのはめ戦術に比べて、役割がはっきりしているため、選出も戦術も簡単です

    マリルリや格闘がつらい、舞った珠カイリューがつらい
    そんなptに入れてあげてください
    れいとうぱんつはやめてあげてください、しにます

    さて、前回のクレセリア厳選に引き続き、ヒードランをゲットしました

    じゃあ、ヒードラン厳選のやり方をメモしておきます

    用意するものは
    いのちがけ あなをほるを覚えたH165S107以上のツチニン
    でんじは を覚えたトレースS105ポリゴン2
    おくびょうシンクロラルトス
    おしゃれボール
    そらをとぶ、なみのり、あなをほるを覚えたポケモン

    ツチニンとポリゴン2の配分
    ツチニン 臆病 個体値HSV
    H244以上252未満-A10-S252
    まずHPか素早さ以外にドーピング1回
    パワーアンクル持たせてカナシダトンネルでマックスまで努力値振り
    レベル61で完成です
    ポリゴン2
    図太いHBポリゴン2のレベルを69レベまであげたら完成(笑)しんかのきせき持たせて、でんじはを覚えさせてね

    準備
    文章高速化、学習装置オフ、L=A、ボールを道具の先頭に
    瀕死ラルトスを先頭
    ツチニンを2番目
    ポリ2を4番目
    輪っかの前でレポート

    手順
    LorAボタンを連打、ひたすら連打
    ツチニンが先手でいのちがけ
    ヒードランのHPが1残ったらポリ2を出す
    ポリ2の後攻電磁波が決まったらボール連打
    捕獲後ざっとステータスを見て、あなをほるで脱出

    そんなかんじで捕獲したヒードランがこちら
    HP 166
    A 98
    B 126
    C 145
    D 125
    S 106
    31-28-31-21-29-31
    めざめるパワー龍

    努力値配分
    212-0-0-0-44-252
    実数値
    193-98-126-145-131-141
    わざ
    マグマストーム どくどく みがわり まもる

    これは、どくまもヒードランのテンプレですね
    193-131で無振りロトムのボルトチェンジを身代わりが耐えるようになるので、ヒードランの個体値はここらへんがギリギリの妥協ラインだと思います
    Cは無振りで145あればいいかなって感じです

    ヒードランの理想個体値
    31-0-31-31-31-31
    ヒードランの理想実数値
    166-85-126-150-126-106
    ヒードランの妥協個体値ライン
    31-x-31-20-29-31

    このページのトップヘ